Elm歌曲研究会会報 No.12
2000年5月28日発行
発行者 Elm歌曲研究会


ワインで気まぐれコンサート2より(高山恵、Pf.藤井由香)

ワインで気まぐれコンサート2開催しました
H12年度第1回勉強会開催
Elm運営委員会の発足
これからの活動予定
第4回定期演奏会「宗教音楽の夕べ」
第5回定期演奏会に向けた石桁真礼生研究会
Elmのホームページ、もうご覧になりましたか?
たまご会会報
参加募集、会員区分について

● ワインで気まぐれコンサート2開催しました

 平成11年度の最後の行事として、去る3月26日(日)、高崎市問屋町のピアノプラザ群馬シューベルトサロンにおいて、ライヴヴァリエvol.2「ワインで気まぐれコンサート2」を開催しました。 風の強い寒い日にもかかわらず、1回目を上回る多くのお客様にご来聴いただきました。 今回、Elmのコンサートに初出演し、もっとも多くの曲を歌って下さったソプラノの高山恵さんから、次のような感想が寄せられました。

 Elm歌曲研究会には、昨年8月に入会させていただきました。 入会してすぐに定演「橋本國彦の世界」を見させていただき、歌曲のコンサートというとさみしくなりがちな舞台が多い中、見事華やかな演出がなされているのに感激し、又、ワルター・モア先生のレッスンを受講し、今までずーっと敬遠していたドイツ・リートでレッスンを受け、リートの奥深さに感動いたしました。 そして、いよいよ「ワインで気まぐれコンサート2」でElmデビューとなった訳です(前置きが長かったですね...)。
 当日は、とても良い天気に恵まれ、大量の花粉が舞う中、たくさんのお客様にご来場いただくことができました。 はじめは堅かった皆さんのお顔も楽しいトークが進むにつれ、次第に和やかな雰囲気になっていったようです。
 会場は、舞台袖がドアで閉まってしまうので、他の出演者の方々がどんなお話をされているのか聞こえないのが残念でしたが、聴きに来てくださった方々に後日お話を伺ったところ、とても楽しかったとのご感想をいただきました。 「ああ、私も観客だったらワインも飲めてどんなにか楽しかっただろうに...とちょっと残念な思いもしましたが、普段気取ったクラシックのコンサートでは演奏できない曲を歌わせていただき、本当は自分が一番満足していたかもしれません。 これからも、各種イベントには是非参加させていただきたいと思っております。
 また、群馬県北部山沿いにある沼田市からはるばる高崎市まで勉強会に参加するのは大変と思われがちですが、本部近くのラーメン屋さんに行くのも楽しみの一つとなりましたのでご心配なく。 (ご存じですか? ラーメンの中に入っているゆで卵が必ず「ふたご」になっていて、だるまの様なんです!)
 最後になりましたが、いつも会場を提供して下さっている会長さん、また、プログラムなどを作成している芹澤さん、スタッフの方々、本当にありがとうございます。 役立たずの足手まといになるかと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。(高山恵)


(小山理映子)


(福王寺大有、Pf.松尾文)


(藤井由香)


(芹澤嘉恵)


(小池静香、Pf.大塚亜希子)


出演者全員と会長

● H12年度第1回勉強会開催

 去る4月23日(日)午後3時より、平成12年度の第1回目の勉強会を会本部にて行いました。 たまご会会員を中心とする20数名の参加者が日頃勉強している作品を解説し、演奏してゆきました。 演奏された作品もイタリア古典歌曲、イタリア近代歌曲、日本歌曲、ドイツ歌曲、フランス歌曲、ミュージカルナンバー、ゴスペル、オペラアリアと以前よりも幅広くなったように感じました。 最後に、参加者は会員から演奏に対する感想を書いた紙を受け取り、次の演奏の機会に向けて、勉強の意欲を燃やしていました。 (勉強会の感想をたまご会会報の中に吉野公美子さんが寄せていますので、ご覧ください。)

● Elm運営委員会の発足

 演奏会も定着し会員の方も増え、会の運営も多岐にわたってきたため、活動を自主的に支援する運営委員会を5月2日(火)に発足しました。 支援内容は、会員名簿作成、チラシ作成・配布、会場管理、舞台照明、衣裳などで、今回委員になったのは以下の方です。
 Elmの活動に積極的に参加して下さる方は、会本部までご連絡下さい。

大塚亜希子 小山理映子 芹澤嘉恵 芹澤裕子 塚越佳彦

● これからの活動予定

2000年
  7月10日(月)  第4回定期演奏会「宗教音楽の夕べ」
  8月13日(日)  プチコンセール
  10月21日(土)  第5回定期演奏会「石桁真礼生歌曲とからすの歌特集」
  11月5日(日)  勉強会
  11月〜12月  ワルター・モア氏、スーザン・デニス女史公開レッスン
  12月16日(土)  クレール音楽会
2001年
  1月28日(日)  勉強会
  2月18日(日)  高崎市民文化フェスティバル

● 第4回定期演奏会「宗教音楽の夕べ」

 第4回定期演奏会は、「宗教音楽の夕べ」と題し、様々な声楽の形態を網羅することに加え、オルガンのソロ、オルガンとフルートのアンサンブルをお楽しみいただきます。 また、今回はElm合唱団結成記念コンサートとして、合唱作品も数曲取り上げています。 そして、その指揮を国内外でオペラや合唱作品を中心とした指揮者ならびに指導者としてご活躍されている坂本和彦先生にしていただけることになりました。
 宗教音楽は、「愛とは」、「幸福とは」、「生きるとは」等々、多くの根源的な問いかけに答え、時空を超えて私達の心に深く語りかけます。 優しく、しかし、しっかりと心に響く旋律は、私達に愛を教え、勇気を与えてくれます。 澄み切ったオルガンの響きと重厚な合唱に乗せての演奏や独唱は、宗教音楽の素晴らしさを存分に味わって頂けると思います。
 なお、今回のDMに会員特典の招待券を同封させていただきましたので、皆様、是非ご来聴下さいますよう、お願い申し上げます。

  日時  2000年7月10日(月)午後7時開演
  場所  高崎市文化会館大ホール
  入場料  前売 2,500円 当日 3,000円
  出演  指揮  坂本和彦
    歌  伊藤眞由美 小池静香 高山恵 小山理映子 山田由紀子
    オルガン  植杉香
    ピアノ  藤井由香 大塚亜希子 鈴木鮎美
    フルート  矢野郁子
    合唱  Elm合唱団  大沢靖子 大塚亜希子 悴田澄江 小山理映子 止境英恵
      鈴木鮎美 芹澤泉 芹澤嘉恵 芹澤裕子 田浦禮子 高橋真貴子
      田沼美友貴 原田淳子 原田道子 比田井裕子 山岸ちゑ
      山田由紀子 吉野公美子 小池二郎 下田雄治 高橋政之 塚越佳彦 水内整

● 第5回定期演奏会に向けた石桁真礼生研究会

 第5回定期演奏会は、石桁真礼生の歌曲と、彼の作品の中に「鴉(からす)」という歌曲があるのを受けて、「からす」を歌った日本歌曲という2つのテーマで開催することにしました。 その第5回定期演奏会に向けての初めての研究会を、4月16日(日)午後6時より、会本部で行いました。 今回は、石桁真礼生歌曲や「からす」をテーマとした歌曲のCD鑑賞を行い、その中から参加者が歌ってみたい作品を選びました。 次回は、それらを演奏し、研究を進めていく予定です。

 第5回定期演奏会「石桁真礼生歌曲とからすの歌特集」への出演は、研究会への参加が前提となっており、出演希望の演奏家(声楽家、ピアニスト)の方は、次回の研究会7月16日(日)午後6時までに会本部へ電話またはFaxでご連絡下さい。
 次回にはプログラム決定を予定しています。 また、研究会へはどなたでも参加できますので、参加ご希望の方は、会本部へご連絡下さい。

 なお、演奏会は下記の通り開催されます。
  2000年10月21日(土)午後7時開演
  高崎市文化会館大ホール

● Elmのホームページ、もうご覧になりましたか?

 Elmでは、インターネットによる情報掲載を行っています。 会報の写真やイラストもカラーで見ることができます。 また、発足から今までの活動の歩みがわかるコーナーや、気軽にどんなテーマでもおしゃべりや意見交換ができる掲示板などがあります。 同じ会員さんの中でも、活動の中で頻繁にお会いできる方、なかなかお会いできない方、いろいろな方がいらっしゃると思います。 新しい会員のコミュニケーションの形としても一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。
 Elmのホームページアドレス http://www3.wind.ne.jp/ai/elm/

 たまご会会報

● 第4回定期演奏会に向けて

 現在、たまご会では7月10日(月)の定期演奏会に向けて、「ラシーヌ雅歌」、「3人の天使が甘美な歌を歌い」、「天使と羊飼い」、「ピエ・イエズ」の練習に励んでいます。 その中で一番苦労しているのが、マーラーの「3人の天使が甘美な歌を歌い」です。 難しいドイツ語の発音に四苦八苦しましたが、今は随分上手になったと思います。
 思い起こせば、たまご会を結成した当初は10人に満たない人数で活動していました。 それが今は20名以上の頼もしいメンバーの顔ぶれがあります。 その頃にはとうてい無理だろうと思っていた難しい曲に挑戦することができるなんてとても幸せな事だし、うれしく思います。
 そして、もう一つすごいお知らせがあります。 多方面でご活躍されている指揮者の坂本和彦先生が指揮をして下さることになりました。 感激しすぎて、この気持ちをみなさんにどうお伝えしたらよいのかわかりませんが、たまご会員一同、より一層熱のこもった練習となる事は間違いないでしょう。
 尚、練習日程は下記のようになっています。 本番に向けてがんばります!

<7月10日(月)定演に向けての練習日程>
○ 6月4日(日)、11日(日)、18日(日)、25日(日) 18:00-研究会本部にて
 6月18日は、ソリストの方がいらしてプログラムの通しをしますので必ず出席して下さい。
○ 7月2日(日)、9日(日) 17:30-研究会本部にて
 7月2日と7月9日は坂本先生が指導して下さいますので、出演者は必ず出席して下さい。

 合唱に参加する方は、いずれの日も時間厳守でお願いします。 尚、遅刻、欠席の場合は事前にご連絡下さい。

● たまご会に入って...

 たまご会に入って2ヶ月が過ぎました。 学校とは別の環境で音楽と関われること、そして久しぶりの合唱ということもあり、今は新鮮さを感じています。
 そんな中、5月23日に行われた勉強会に私も初めて参加しました。 普段から聞きなれていない人の歌を聞いて批評しあったりすることはすごく勉強になったし、こういう機会は今まで私のまわりにはなかったことなので、うまく自分の中に取り入れて、今後の勉強に生かしていけたら...と思います。
 たまご会は、普段から"練習は自主的に行う"ということを心がけているので、"やらされている"という感じが全くなく、まわりの人たちとも協力しあいながら練習を進めています。 また、参加なさっている人の年齢層も幅広く、学校や仕事とは別に合唱に取り組んでいる人が多いので大変だろうなあと思いますが、みなさん、合唱が大好きな方ばかりで、私も居心地が良いし、少しでもいいものを作りたいなあという意欲がわいてきます。
 今、たまご会は、7月に行う定演に向けての練習に励んでいます。 本番は120%の力が出せるように、私自身も日頃から努力していきたいと思います。 (吉野公美子)

 たまご会に入会して間もないのですが、4回ほど練習に参加させてもらいました。 まず最初に感じたことが、みなさんがとても楽しそうに参加されていることでした。 幅広い年齢層の方達が、積極的にいろいろなことにチャレンジされているのを見ると、普段一人で音楽と向き合うことが多いせいか、音楽に対する視野が広がるような感じがします。 たくさんの人たちと一緒に演奏できる私にとって数少ない機会なので、毎回の練習を大事にしていきたいと思います。 そして、みなさんと、柔軟で真剣な姿勢で取り組んでいきたいと思います。 これからもよろしくお願いします。 (大澤靖子)

● 第3回クレール音楽会に向けて

 今年のクレール音楽会は、創作音楽劇に初めて取り組む事になりました。
 脚本は実行委員長の芹沢泉さんの手によってついに完成し、3月26日(日)に、キャストのオーディションを行いました。 オーディションは始終和やかな雰囲気の中で行われ、それぞれ好きな日本の歌を1曲ずつ披露し合い、なおかつセリフの審査も行われました。 みんな伸び伸びと歌い、そして思い切り自己アピールをしていたと思います。 普段なかなか見ることのできない色々な表情を目の当たりにし、みんなそれぞれ素晴らしい感性を持っているのだということに改めて気付きました。 キャストは、以下の通り決まりました。
 これから、芹沢嘉恵さんらが中心になって曲作りを進めていきます。 そして、同時に美術係と衣裳係も決まり、5月2日(火)に第1回目の打合せを行いました。 7月10日(月)の定演終了後には音楽劇「しんせつ白雪姫〜愛に目覚めたお妃様」に向けて、本格的に始動してゆきたいと思います。

<キャスト表>
  白雪姫  芹沢泉
  ブラッピ王子  水内整
  お妃  芹澤裕子
  ディカプリ王子  塚越佳彦
  小人(ドキドキ)  小池二郎
  小人(ハラペコ)  大塚亜希子
  小人(ニコニコ)  吉野公美子
  小人(プンプン)  原田淳子
  小人(インテリ)  原田道子
  小人(モジモジ)  田浦禮子
  ウサギ  高橋政之
  トラ  下田雄治
  リス  止境英恵
  カワウソ  比田井裕子
  ネズミ  小山理映子
  サル  清塚挨子
  りんごの精  高橋真貴子
  鏡  秋本由紀子
  メイド  悴田澄江
  王様(ナレーター)  田沼美友貴
  合唱隊(森の精)  他たまご会会員

 

● たまご会員募集

 たまご会では新会員を随時募集しています。
 これから音楽家の芽を出すタマゴ、芽を出したばかりの若芽、ソロ、コーラスなどのコンサート活動を積極的にしたい方、向上心と意欲、熱意があれば、年令、経験不問です。
 興味を持たれた方は下記にお問い合わせ下さい。 練習の見学もお気軽にどうぞ。
 問い合わせ先 芹澤嘉恵(かえ) Tel. 027-324-0415

● 参加募集

○ コンサート出演者
 当会の会員でコンサート・シリーズや定期演奏会に出演する方を募集します。
・定期演奏会、ワインで気まぐれコンサート(演奏会員、簡単なオーディションあり)
・Petit Concert、勉強会(全会員)
・クレール音楽会(たまご会会員)
○ コンサート・スタッフ
 当会の会員で、コンサート・スタッフとして参加して下さる方を募集します。 年齢、経験は不問です。 継続してやりたい方も、作る側を一度体験してみたいという方も、まずは、ご連絡下さい。
○ コンサート実行委員
 当会の会員で、役員とともにコンサートの成功に向けて積極的に協力できる方を募集します。

● 会員区分について

 11年度までの会員区分は専門会員の区分が不明確であったため、今年度、新たにElm主催の演奏会に出演経験のある方を「演奏家会員」とし、会員区分を以下の通り変更しました。
 (会員さんあての手紙には、)新会員証を同封いたします。 11年度までの会員証は破棄下さい。

会員区分

特典

年会費

演奏家会員 演奏家、音楽研究者、教育者、それを目指して勉強している方で、当会主催の演奏会に出演経験のある方 当会に関するコンサート情報の提供、定期演奏会への御招待、主催行事のチケット・講習会割引 2,000円
一般会員 音楽がお好きな方で、上記に該当しない方
賛助会員 当会の活動を積極的に援助して下さる方 上記に加え、当会主催の全てのコンサートの御招待 一口5,000より

● Elm歌曲研究会へのすべてのお問い合わせ・ご意見・ご感想・会報への寄稿は、

Elm歌曲研究会本部
郵便 370-0868 高崎市鼻高町31-2
電話またはファックス 027-322-8237
電子メール elm@wonder-web.org
までお願いします。 また、Elm歌曲研究会のお知らせをインターネットに掲載しています。
http://www3.wind.ne.jp/ai/elm/


Elm歌曲研究会