Elm歌曲研究会会報 No.9

1999年8月19日発行
発行者 Elm歌曲研究会 Tel&Fax 027-322-8237

  まだまだ残暑厳しい日が続いておりますが、会員の皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、Elm歌曲研究会は、芸術歌曲を中心とした音楽の研究、教育と普及を目指し活動を続けており、さまざまな形態の演奏会を企画してきましたが、中でも年1回の定期演奏会は、広く一般の方々にも楽しんで頂けると思います。
  各分野で精力的に活躍する演奏家達が、どうしたら皆さんに喜んでいただけるか、楽しんでいただけるかを積極的に話し合い、今回の企画となりました。

第3回定期演奏会について

  芸術歌曲というと、洋楽というイメージが強い中で、今回は、敢えて橋本國彦の日本色濃い作品を中心に取り上げてみました。 「橋本國彦」は、世界の様々な新しい技法を取り入れて、日本音楽の中に注ぎ込んだ昭和初期の優れた作曲家の一人で、感覚の新しさ、みずみずしさが、今なお、失われていない作品が多く、「お六娘」「笛吹き女」「舞」など、邦楽の要素を取り入れた興味深い大作は圧巻であります。 今回は、西川流の西川扇二郎氏(賛助出演)の日本舞踊を交え「橋本國彦の世界」の素晴らしさを存分に味わっていただけると思います。
  日時、詳細については第4面をご覧下さい。 なお、会員の皆様には、招待状をお送りさせて頂きましたが、チケットの欲しい方がおられましたら会本部までご連絡下さい。
  たくさんの方にご来聴いただけることを願っております。 どうぞ宜しくお願い致します。

表紙の写真より Elm歌曲研究会コーラス

  5月16日に高崎市市民文化会館で行われました第52回三曲演奏会にElm歌曲研究会コーラスが賛助出演しました。 邦楽との共演はとても珍しく、筝、尺八、篠笛の合奏とコーラスの響きに、幻想的な感覚を味わったような気がしました。 尚、Elm歌曲研究会ではコーラスを一緒にしたいという会員の方を随時募集しています。 はじめてのかた大歓迎です。 興味のある方はぜひご連絡を下さい。

プチ・コンセール発表会について

  8月22日(日)、高崎シティギャラリーコアホールにて毎年恒例のプチコンセール発表会が行われます。 小さいお子様から成人の方までが、日ごろの練習の成果を発表致します。 時間は午前11時からです。 入場は無料となっております。 皆様ぜひご来聴下さいませ。 また、来年度の発表会参加者も募っております。 興味のある方は会本部までご連絡下さい。

ワインで気まぐれコンサートを終えて

  6月26日に高崎市の第七官界で行われました「ワインで気まぐれコンサート」は、ほぼ満席と言う状況で終えることができ、会としましても大変嬉しく思っております。 この演奏会はジャンルを超えての演奏内容、また、ワインやジュースを飲みながら聴くという、会主催の演奏会では初めての試みでしたが演奏後のお客様のお顔を拝見し、とても楽しんで頂けたのではないかと思いました。 さて、今回、演奏会の前半でショートライブを行ったアリコフレーズの芹沢かえさんやソプラノ独唱の小山理映子さん、また当日お手伝いをしてくださった、たまご会の方々より感想を頂きましたのでご紹介致します。

感想はこちら

たまご会活動報告

  たまご会は月に約2回ほど研究会本部に集まり活動しています。 今は9月26日(日)の温故和楽会【県民芸術祭参加】への合唱賛助出演や、12月15日(水)のクレール音楽会での合唱に向けて練習に取り組んでいます。 クレール音楽会ではソロでの演奏の場もあります。 今後は合唱以外に音楽劇など新しいことにも挑戦していきたいと思います。 自分たちのやりたいことを少しずつでも形にしていけるような「たまご会」であれるように活動していきたいと思います。

たまご会会長 芹沢 嘉恵

Elmのホームページ ご存知ですか?

  Elmでは、ホームページを開設しています。 新しい情報が随時、インターネット上に紹介されています。 興味のある方は下記のアドレスまでアクセスしてみてはいかがでしょうか。

http://www3.wind.ne.jp/ai/elm/

定期演奏会のちらし


会報 Elm歌曲研究会